キャバクラの女の子ドリンク

女の子ドリンク

基本的に京橋のキャバクラでも女の子のドリンクは有料です。そのため女の子から「乾杯しても良いですか?」とか「何か一緒にいただいても良いですか?」と聞かれたら、女の子がドリンク(有料)を欲しがっているのだと理解して、全てに「もちろん!」と答えたりすることのないよう気を付けましょう。京橋のキャバクラでは女の子のドリンクはだいたい1杯あたり1000円から2000円ぐらいとなっています。仮に10回乾杯をした場合女の子ドリンクだけで1万円から2万円程となる計算です。

3人の女性

シャンパン

キャバクラでお誕生日のときやお祝い事のときに開けることが多いシャンパンですが、シャンパンメニューは料金が通常の有料ドリンクとは異なるため別でメニューが用意されていることが多いです。京橋エリアのキャバクラでもお店によって金額が異なりますがベルエポックで5万円から7万円程のことが多いです。

シャンパン

スパークリングワイン

名前を良く聞くのがカフェドパリ。カフェパリと呼ばれることが多く、4500円から6000円ぐらいで注文することが出来ますしお酒が比較的弱い子でも飲みやすいお酒となるためキャバクラで働く女の子からも結構人気があります。

3種類のワイン

ボトル

多くのキャバクラでセット料金についている無料のボトルを女の子のドリンクとしてあげることはできませんが、自分で頼んだボトルについては女の子と一緒に飲むことが出来ます。女の子ドリンクの杯数が多くて料金が高くなりそうだとあらかじめわかっている状況の場合やそのお店に再び来店する可能性が高い場合は、ボトルを頼んだ方が安くつく場合も多いですよ。

ラム酒