ガールズバーとキャバクラ

ガールズバーとは

ガールズバーは女性がバーテンダーとしてお酒を作ってくれるお店です。京橋にはまだあまり多くの店舗はありませんが、ガールズバーの知名度は年々上がっており、店舗の数も増えつつあります。ガールズバーはキャバクラと違い、女の子がお客さんの隣に座るのではなく、カウンター越しに接客をしてくれます。女の子と向かい合って、時には一緒にお酒を飲みながらお喋りを楽しむことができます。

頬杖をつく2人の女性

ガールズバーの特徴とメリット

服装やメイクに決まりがないお店が多いガールズバーでは、女の子たちが私服姿で働いているケースがほとんどです。キャバクラのように着飾っている女の子ではなく、自然体の女の子と楽しい時間を過ごしたい方にはぴったりなお店と言えるでしょう。お店の雰囲気もカジュアルなため、キャバクラよりも気軽に入ることができ、女の子とは友達のような感覚でお喋りできるのが特徴です。お友達同士で遊びに行くのもおすすめですよ。
また、ガールズバーの席はカウンターが基本なので、真正面から女の子の顔を見ることができるのも嬉しいところです。

カウンター上のカクテル

キャバクラの特徴とメリット

キャバクラは容姿端麗でないと働けないことがほとんどなので、キャバクラで働く女の子はもれなく美人と言っても過言ではありません。店内の装飾にこだわっているところも多く、女の子の服装はドレスが基本なため、全体的に華やかな印象を受けるはずです。そのためサラリーマンの街としても知られる京橋では、しばしば接待の場としてキャバクラが使われています。女の子が自分のすぐ隣に座ってお酒を作ってくれたり、話を聞いてくれたりするので、女の子からの軽いボディタッチが期待できるかもしれませんよ。

ベアワンピ姿の女性